2011年11月18日

サイト(ブログ)タイトルで強引に検索結果がらアクセスを引っ張る方法

海信です。

サイト(ブログ)タイトルって、アフィリエイトをする上でめちゃくちゃ重要な部分ですが、案外、ここを手を抜いている人が多いと思います。

もう一回、言って(書いてかな?)おきます。

サイトタイトルってめちゃくちゃ重要な部分です。

このブログを読まれる方は、絶対に変なタイトルでブログやサイトの運営をしないようにしてくださいね。(^_^)



タイトルは、検索エンジンも、ユーザーも意識しなくてはいけない


ここで言うタイトルって言うのは、もちろんタイトルタグの中身の事です。これの事ですね。

<title>この中身</title>


このブログの読者になるような方は、検索エンジン対策って物をご存知で、検索エンジン対策をやろうと思ったら、タイトルの中に狙ったキーワードを入れておくって事くらいご存知だと思います。

多いのは、検索エンジンしか相手にしてないようなタイトルの付け方です。例えば「商品名+激安」とか「商品名+口コミ情報」とか「商品名+効果と口コミ」とか、こういう感じですね。(まあ、僕のサイトにも、こういうのも結構あるんですが・・・笑)

タイトルには、「意味」ってモンがあります。

例えば、「商品名+激安」を狙ったら、その商品の激安価格を知りたい人がアクセスしてくるわけじゃないですか?

要するに、この場合だと「価格に興味のあるアクセス」ってことです。「口コミ」をセットにすれば、口コミ情報が見たい人がアクセスしてくるので、チャンと口コミ情報を書いてないと、そのウェブページは、直ぐに「戻る」のボタンを押されたり、ページを閉じられたりするわけです。

ちなみに、「激安」を狙ったら、ブログに価格は書かないこと。価格に興味のあるアクセスなので、「現在価格はこちら→アフィリリンク」って感じでコンテンツを書いておけば、広告主のサイトにアクセスを流しやすい状況が作れます。(もっとも、広告主のサイトで、ホントに激安じゃないと、成果は発生しづらいですが・・・)

脱線しました・・・笑

大事な事は、ブラウザの向こう側でチャンと人が何らかの考えがあって行動しているとか、どういう人がアクセスしようとしているのか?その人はどんな人なのか?こういうことを、チャンと考えてサイトタイトルはつけないといけないってことです。

商品名を狙ったブログ(サイト)アフィリは多くの場合、インターネット以外のメディアでその商品の事を知った人が、商品名を検索窓に打ち込みます。

テレビCMで見たあの商品、新聞広告で見かけて気になっているあのサービス・・・

こういう感じですね。

では、このキャプチャーを見ましょう。

image19.gif


これは、僕が「ナタデウォッシュ」という口臭予防液をアフィリエイトしていた時の検索画面のキャプチャーです。

SEOの掛けすぎで一度検索から吹っ飛んだので、今は違うサイトタイトルがついてますが、このタイトルの時は、1ヶ月で、この案件だけで数万円の成果がありました。

よく見てくださいね。

インターネット以外の他メディアでナタデウォッシュを知った人は、「ナタデウォッシュ」で検索をかけます。

そして、検索の3位に、僕のアフィリサイト、「インターネットお申し込み窓口」がある!

1位は公式、2位は楽天で、ハッキリ言って「強豪」です。しかし、検索者の気持ちや状況を考えると、「インターネットお申し込み窓口」にそれなりのアクセスはあると思いませんか?

「狙っているキーワードは一番左」という大原則に基づいて、検索者の意図を読みきったタイトル付け!

さゆり塾の塾生は、こういう部分もフォローしますからね♪(^_^)
頑張っていきましょう。。。

posted by 海信@さゆり塾応援団 at 00:06 | Comment(0) | アフィリエイトブログのアクセスアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。