2011年11月20日

スーパーアフィリエイターにあって、貧乏アフィリエイターにないモノ

海信です。

このブログを読んでいる人は、凄腕(スーパーアフィリエイター)の人も確かに多いと思いますが、これからアフィリエイトを頑張ろうって人も多いと思います。

アホほど成果を上げてくるスーパーアフィリエイターと、サイト(ブログ)を作ってもゼンゼン成果の上がらない貧乏アフィリエイターの違いって、いったい何なんでしょう?

色々あると思いますが、間違いなく、ここが違う!ってポイント。

アフィリエイト系の私塾になんか入る人は、これが作れるかどうかをチャンとチェックしてからお金を払うようにしてくださいね。それは何か?というと・・・

有力な人脈が圧倒的な成果を運んでくる


「ASPの担当」って言うのを聞いたことがあると思います。稼ぐアフィリエイターには、ほぼ全員この担当がついていたりします。

ASPの担当の事で勘違いしてはいけないのは、担当がついているアフィリエイターは稼いでいるから担当がついているわけではなくて、本気でアフィリエイトをビジネスとして実践しているから担当がついているわけです。

で、もう一つ言うと、本気でアフィリエイトをビジネスと実践しているから、彼らはスーパーアフィリエイターになってしまうって事も覚えておきましょう。

ASPの担当は特別報酬単価(特単)設定の窓口になってくれたり、クローズド案件(一部のアフィリエイターしか提携承認が降りない案件)を持ってきてくれたり、固定費(報酬成果とは別の費用)を持ってきてくれたりします。

PPCアフィリエイトなどは、これがあるから回るんです。これなしで勝負に行く事は、丸腰か竹やりで戦車に向かっていくのと同じです。

人脈で武装するから、ウェブサイトが、広告が、<金脈>として作用するわけです。

ASPの担当以外にも、スーパーアフィリエイター同士の懇親会などでも有力情報を入手する事は多いですが、これとて有力な人脈を作るからこそ得られる副産物です。

アフィリエイトはネットを使って一人でビジネスできるように見えますが、案外、人と人の繋がりが重要なバタ臭い仕事なんですね。。。(笑)

人脈作りのコツ


こりゃもう簡単です。ですが、間違えている人も多いとも思うので、サラッと書きますね。

間違っている人は、塾などにお金を払えば、勝手に人脈が出来ると思っているようなパターンです。

ははは・・・金さえ払えば、何でも解決できるなら、そういう人は今頃大金持ちじゃないですか?(大金持ちなら、こんなブログ読んでませんよね?)

正解は、アフィリエイトをビジネスとして、本気になること。それをチャンと表現することです。

アフィリエイトに携わって、すごい成果を上げているような人は、全員、アフィリエイトに本気の人なんですよ。でね・・・

本気の人は、本気の人しか、本気で相手にしたくないんです


この場合の「本気の人」って言うのは、「忙しいから○○出来ない・・・」とか「お金が無いから○○しない・・・」なんていう人は当てはまる事はありません。

「忙しくて時間が無けりゃ寝なきゃイイ・・・(早起きすりゃイイ・・・)」とか、「お金が無いから昼飯抜きにして1万円浮かせたから、それでドメイン10個行った・・・」とか、こういう人です。

こういう根性の部分が「スーパーアフィリエイターにあって、貧乏アフィリエイターにないモノ」で、この結果が有力な人脈の有無にも少なからず繋がると思います。

この話が精神論と思う人は思っていればいいです。

ただ、女性の場合は、体力的にもあまり無理は強要できないし、ある程度のものを作り上げるまでは、ある程度合理的に作業をしていく方向で進めていかないと、おそらく上手く行かないです。

さゆり塾では、そういう部分にも気を使ってます。遠慮なくサポートを使うようにしてくださいね。

posted by 海信@さゆり塾応援団 at 00:41 | Comment(0) | 初心者アフィリエイター必見のコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。